2017/7/13 成分解析コーナー⑰ ~シュワルツコフ㋥の編~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

シュワルツコフ第2弾。

BCクア フォルムコントロール ヘアマスク

何気に渋く、古く、好きなブランド。

今回のトリートメントは全く違う成分が入っていました!

普通なら、何かしら同じような成分を入れて売りに出しているのだが、ここは流石ですね。

では、試してみましたがテクスチャも前回のとは事なり、馴染みが良い。

DSC_0272

また、仕上がりも僕好み。

マズマズです。

では、成分解析です。

・セテアリルアルコール(高級アルコール)

高い保湿効果で水分量をキープしてる。また、ベビーローションにも配されている。

・ジメチコン(油剤)

シリコーンの1つで、保湿性が高く、光・熱・水等の影響を受けにくい。

使用感が良くなり効果が期待できる成分。

ケイ素由来なので、商品によっては無添加製品として販売している商品も含まれている。

・アモジメチコン(油剤)

ジメチコンよりも吸着力が強く、ジメチコンと比較すれば安全性は落ちるが問題はない。

傷んだ部分により吸着しやすく、取れにくい性質を持つ。

ただし、カラーやパーマ等が掛かりにくくなる可能性がある。

油分のベタツキ感を抑えて軽いなめらかな使用感を与えることから質感(テクスチャ)の調整剤に使われたり、

撥水性が強いことから耐水性の高い被膜をつくるために配合されます。

・炭酸ジカプリリル(油剤)

粘性が低く、非常によく伸びるので肌を滑らかに整える天然のエモリエント剤。

・ベヘントリモニウムクロリド(第4カオチン界面活性剤)

リンス剤と言った物です。

柔軟性、帯電防止。

補修成分ではなく、一時的に質感を向上させるだけのもの。

・ジステアロイルエチルヒドロキシエチルモニウムメサルフェート

ヤシ油由来のカオチン界面活性剤

カオチン界面活性剤の中でも特に低刺激で生成分解が高い成分。

他のリンス剤の様に、毛髪の柔軟化や帯電防止効果があります。

 

以上になります。

シットリ感も、ありますし、仕上がりも悪くない。

同じ会社ですが、しっかりと分けているのがいいですね。

長い名前の成分だけでは弱いのかな~って思ってしまいました。

やはり第4カオチン界面活性剤には頼らないとなんでしょうね。

 

 

 

おしまい

 

2017/7/7 成分解析コーナー⑯ ~シュワルツコフ編の巻~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

シュワルツコフのBCオイル インテンシブトリートメントのご紹介です。

インテンシブ=集中的なの意味

集中ケア トリートメントって事ですね。

 

テクスチャーはやや固めです。

これも、髪に残す意味があるのだろう。

モロッコに自生するサボテンの一種、バーバリーフィグの種子から抽出したオイルは、アルガンオイルを超える圧倒的なパワーで、髪に輝きを出す。がコンセプトのようです。

DSC_0096

では、解析です。

・セテアリルアルコール(高級アルコール)

高い保湿効果で水分量をキープしてる。また、ベビーローションにも配されている。

・シア脂(油剤)

シア脂(シアバター)は高い保湿効果がある。

水分キープ力も強く、抗炎症作用にも効果があり、安全成分なので赤ちゃんにも使用可能。

ただし、保存料の添加物が肌に悪さをする事もある。

・炭酸ジカプリリル(油剤)

粘性が低く、非常によく伸びるので肌を滑らかに整える天然のエモリエント剤。

・ジステアロイルエチルヒドロキシエチルモニウムメサルフェート

ヤシ油由来のカオチン界面活性剤。

カオチン界面活性剤の中でも特に低刺激で生成分解が高い成分です。

他のリンス剤のように、毛髪軟化や帯電防止効果があります。

・オプンチアフィクスインジカ種子油(サボテン種子油)

エモリエント効果

・アンズ核油

アンズ(アプリコット)の種子を摘出した油脂。

使用感はとても軽く、サラサラと滑らかな肌触り。

エモリエント効果。

 

以上が大まかな成分です。

内容的には、かなりオーガニックなウリになっていますね。

非常によく考えられた、優しい成分かと思います。

内容だけでしたら合格点です。

精油が主になっているので、もう少しオーガニック風な売り方でもイイのかと思いました。

仕上がりはう~ん・・・。

可もなく、不可もなく。

女性は内容成分よりも仕上がり重視なような気がしました。

良い成分なんだけどな・・・。

 

 

おしまい

2017/7/3 成分解析コーナー⑮ ~資生堂編の巻~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

今回は資生堂の「ザ・ヘアケア アクアインテンシブ マスク」のご紹介です。

名前が長くて・・・。

インテンシブ=集中的な

アクア=水溶液

水を髪にって感じでしょうか。

資生堂カラーが出ていますが、水をイメージなら青の方が良かったような。

DSC_0095

では、成分解析です。

・グリセリン

原料は植物油脂から加水分解して生成しており、食品の保湿剤や日持ち工場として使用される。

また、化粧品の基本成分として使用されている。

様々な保湿成分を持ち、敏感肌やインナードライ肌の方にも使用できる安全な成分。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンよりは保湿力は落ちる。

・ジメチコン

シリコーンの1つで、保湿性が高く、光・熱・水等の影響を受けにくい。

使用感が良くなり効果が期待できる成分。

ケイ素由来なので、商品によっては無添加製品として販売している商品も含まれている。

・イソペンチルジオール

保湿効果としてキューティクルの補修をする。

刺激性が低く、抗菌性の高さゆえに防腐剤の役割を持つ。

白髪染めなどにも溶剤として多く使われる。

(資生堂さんは、こちらの成分が好きなんでしょうね)

・ステアリルアルコール

マッコウ鯨から得られるロウの様な油剤です。

セタノール、ベヘニルアルコーと並ぶ代表的な油剤。

クリームの基材として使用され、感触改善目的として使われる。

また滑り、ツヤを向上させ、頭皮や肌のコンディションを向上させる。

刺激は低いがまれに、アレルギー反応を出す人も居る。

・ベヘニルアルコール

肌の保護、保湿、乳化安定剤、殺菌剤、リンス基材

・ステアリルトリモニウムブロミド(第4カオチン界面活性剤)

柔軟効果、帯電防止

いわゆるリンスです。

ステアルトリモクロリドよりも若干刺激が弱い

 

以上が大まかな成分でした。

この成分で3500円は少々高い様な・・・。

使用感はサラサラ感がありました。

どんな方にも対応が出来るのかと思います。

アクア感がもう少し欲しいかなと・・・。

 

 

おしまい

2017/7/2 成分解析コーナー⑭ ~中野製薬編の巻~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

今回は、中野製薬ENUリペアメントCRです。

他にも2種類ありますが、試してみた結果CRが柔らかくまとまりを感じました。

テクスチャーは柔らかく、髪にも馴染みが良かった。

香も、僕好み。デイリーケアとしては合格点かと思います。

DSC_0190

では、成分解析です。

・ジメチコン(油剤)

シリコーンの1つで、保湿性が高く、光・熱・水等の影響を受けにくい。

使用感が良くなり効果が期待できる成分。

ケイ素由来なので、商品によっては無添加製品として販売している商品も含まれている。

・ベヘニルアルコール(高級アルコール)

肌の保護、保湿、乳化安定剤、殺菌剤、リンス基材。

・セテアリルアルコール(高級アルコール)

高い保湿効果で水分量をキープしてる。また、ベビーローションにも配されている。

・アモジメチコン(油剤)

ジメチコンよりも吸着力が強く、ジメチコンと比較すれば安全性は落ちるが問題はない。

傷んだ部分により吸着しやすく、取れにくい性質を持つ。

ただし、カラーやパーマ等が掛かりにくくなる可能性がある。

油分のベタツキ感を抑えて軽いなめらかな使用感を与えることから質感(テクスチャ)の調整剤に使われたり、

撥水性が強いことから耐水性の高い被膜をつくるために配合されます。

・パルナミチン酸イソプロピル(油剤)

軽い質感の油剤。乳化安定、保湿、保護、柔軟効果による感触改善。

低刺激で油の重みの少ない軽い感触で浸透性に優れている。

・DPG(ジプロピレングリコール)

肌に対するベタつきが少なくサラッとした使用感で、グリセリン同様にベース成分の保湿剤として使われています。

伸びや滑りを良くする感触改良剤。

BG(ブチレングリコール)と同様に製品の保存性を高める働きがあるため、単独で使用するより様々な保湿成分

と組み合わせることで保湿効果を高めたり、滑りやのびをよくするなど質感を改善する目的で配合されます。

ちなみに1%までと決まっている。

・グリセリン

原料は植物油脂から加水分解して生成しており、食品の保湿剤や日持ち工場として使用される。

また、化粧品の基本成分として使用されている。

様々な保湿成分を持ち、敏感肌やインナードライ肌の方にも使用できる安全な成分。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンよりは保湿力は落ちる。

 

以上が、大まかな成分になります。

仕上がりは、そこまでシットリ感は感じませんが、内容成分は非常によく出来ていると思います。

こちらは、シャンプー、トリートメント共にかなり考えられた完成度の高い商品ですね。

メーカーさんの思い入れが感じました。

香も、僕好み。デイリーケアとしては合格点かと思います。

 

 

おしまい

2017/6/30 成分解析コナー⑬ ~ルベル編の巻~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

今回はルベルコスメティックイオセラムです。

以前に紹介したイオシリーズマスク編です。

こちらの製品はミルボン製同様に、シャンプーでシッカリと難溶解成分を取り除いてから、シットリとする成分を補給するシステムなのかと思います。

タウリン系なので、まだ根こそぎといった感じでは無いのですが、相性はイイかと思います。

そして、セラム美容液と言う意味なんでしょうね。

DSC_0099

では、成分解析です。

・セテアリルアルコール(高級アルコール)

高い保湿効果で水分量をキープしてくれる。

ベビーローションにも配合されている。

・グリセリン(油剤)

原料は植物油脂から加水分解して生成しており、食品の保湿剤や日持ち工場として使用される。

また、化粧品の基本成分として使用されている。

様々な保湿成分を持ち、敏感肌やインナードライ肌の方にも使用できる安全な成分。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンよりは保湿力は落ちる。

・シクロペンタシロキサン(油剤)

シリコーンの1つ。

コンディショニング、コーティング、つや出し効果。

シリコンの中ではベタツキがなくサラサラタイプ。

揮発性があるためサラサラと軽い仕上がりになる。

・ジメチコン(油剤)

シリコーンの1つで、保湿性が高く、光・熱・水等の影響を受けにくい。

使用感が良くなり効果が期待できる成分。

ケイ素由来なので、商品によっては無添加製品として販売している商品も含まれている。

・水添ポリイソブテン(油剤)

親油性増粘剤、エモリエント。

撥水作用の非常に高いコーティング剤。そのため艶々、サラサラになります。

デメリットとして、皮膜蓄積性が高いので、使用頻度を間違えるとベタベタとした質感になる恐れがある。

・ベヘントリモニウムクロリド(第4カオチン界面活性剤)

リンス剤と言った物です。

柔軟性、帯電防止。

補修成分ではなく、一時的に質感を向上させるだけのもの。

 

以上が大まかな成分です。

テクスチャーも馴染みが良く、素敵な商品だと思います。

ただ、髪のダメージを修復するよりも、ダメージヘアーを強力皮膜で抑えると言うタイプのトリートメントですね。

たまにはサラサラ髪を楽しみたい方にオススメです。

週に1回や2回はサラサラも良いんではないでしょうか?

毎日、重ねるとベタツキも出る可能性が考えられるので、強力皮膜を落とすクレンジングシャンプーの併用をオススメします。

僕的には好きな感触でした。

 

 

おしまい

TOP > HAIR STYLE