2020/10/16 継承 ~イズムを伝えるノ巻~

トレーニング 渡邊 マサノリ ブログ

経験者、未経験、発展途上。

全ての人が混在しているstadium。

全てを1人で伝えるのは難しい。

でも、出来なくはない。

今年に入ってから「エビ氏」はstadiumのマニュアルを自分から習いたいと言ってきた。

どうせなら家でも観察したいから動画を撮っていた。

どうせならインスタや自社のマニュアルを動画化した方が分かり易いと思った。

全てが道しるべ。

吾輩の想いや熱意や技術を全て伝え、全て吸収している。

今日もウルフスタイルについて「エビ氏」から質問があった。

どうせなら動画でも撮りますか!

また始まった。

吾輩をリスペクトしているからだし、中途だからだし。

中途採用は中途採用なりの不安があります。

「好きこそ物の上手なれ」

好きであれば自然にそれに熱中し、上達をします。

「りか氏」吾輩にグラボブのトレーニングを依頼してきた。

「エビ氏」吾輩にウルフカットの質問を投げかけて来た。

いですよ~。

まずは「エビ氏」ね。

同じ細胞なのか、全てを把握していた。

次は「りか氏」

グラボブと言っても無限大です・・・。

「りか氏」は以前に働いていた時の自分の作ったスタイルを見せて来た。

「前のサロンの店長に教えて頂いてたんですが、なんか違うんですよね~。」

イイ質問。

自分で、何かが違う事に気が付くのが大事です。

では始めますか。

色々と違う角度で伝えた。

ん?ん?んんん?

そうだ、吾輩が伝えるよりも、「エビ氏」が伝えた方が良いのかもしれない。

感覚は人それぞれです。

でも、想いは一緒。

吾輩が伝えた事を事細かく伝えていた。

言い回しは違います。

結果が同じであれば良いんです。

吾輩が、ん?って思った所は「エビ氏」同じ箇所でん?だった。

これは「ヒラ氏」も同じ感覚だったに違いない。

stadiumはstadiumにしかない技術だからね。

大型チェーンだろうが、有名店だろうが、負ける気がしません。

だって、stadiumはstadiumにしかない技術だからね。

楽しい時間。

遅い時間ですが、楽しい時間。

やはり全てを吾輩は無理ですね・・・(笑)

継承している人がいる。

イズムを受け継いでくれる人がいる。

何よりも、営業が終わっても美容の事を考え、トレーニングをしてくれているスタッフに感謝しないとね。

まだまだ我輩は若い。

永遠の36歳でしたとさ。

眠い・・・・とさ。

 

 

 

おしまい

2020/10/8 鍛練 ~繰り返しの作業ノ巻~

サロンのnews トレーニング 渡邊 マサノリ ブログ

stadiumの秘蔵っ子の「ジバニャン」がいよいよカットのトレーニングに入った。

目線、姿勢、指、肘、櫛、意味。

普段、使わない筋肉なので、最近は筋肉痛が凄いらしい。

意味を覚えさせる段階です。

無駄な筋肉と力を使っている。

でも、始めたばかりなので仕方ありません。

今は慣らし運転です。

全ては、今ままで教えてきた事の繰り返しです。

細かい事を伝えられるのは生え抜きだからこそ。

床の掃き方、拭き方、言葉使い・・・。

これを今後、細かく伝えなければ自社の発展はありません。

あれれ?

スポンジが1人いますね~。

違う上司が、違う部下を育てています。

吾輩が育てた人ではありません。

経験を積んだ人が、吾輩を吸収している上司です。

葛藤もあるでしょう。

だからこそ、連携を取ります。

全ては鍛練。

繰り返しです。

吾輩が伝えた事を、言い回しを変えて伝えてくれている。

おやや??

知らない女性ですね~。

違う上司が、違う部下を育てています。

こちらは、吾輩が育てた部下です。

歳は近いのですが育ちは違います。

応用と振り返りです。

葛藤もあるでしょう。

だからこそ、連携を取ります。

全ては鍛練。

繰り返しです。

伝える側も、聞く側も体力と精神力を使います。

何故に本気で伝えるのか?

stadiumイズムを叩き込めたい。

何故に本気で聞くのか?

純粋に上手くなりたい。

ホメテ、ケナサレテ、人は成長をします。

何よりも悔しいが先に来なくては成長をしません。

また、褒めなくては人は好きになれません。

良き環境です。

今現在、stadiumはトレーナーが足りません・・・。

少ない人の中で、教え込み、応えてくれた先に充実感が宿ります。

その先には継承という文字が生まれる。

いわゆるブランディングとでも言いますか。

現在、stadiumは新しい方向へ向かっております。

広いキモチで迎え入れて欲しい。

我々はプロの集団です。

更に広いキモチで迎え入れますとさ。

 

 

 

おしまい

2020/10/5 新技 ~「一鋏入魂」ノ巻~

トレーニング 渡邊 マサノリ ブログ

「千葉君」がstadiumへ入社をして5日が経過した。

本日お越し下さった「松田さん」は環境が変わっていた事を知っていた。

有難いです。

ユックリと流れる朝一の施術。

1時間も経過すると空気がガラっと変わる。

ついてますねって伝えた(笑)

月曜日ですが、ほぼ週末状態が最後の最後まで続いた。

皆で協力をして、無事に終えた月曜日。

終礼で「ジバニャン」がとても早い一週間でしたと言っていた。

確かに!!

吾輩も、とても早く過ぎた1週間です。

そして、先輩になった「ジバニャン」は新しい項目へ突入しました。

美容師として一番難しく、一番初めに入る技術「ワンレングス・ボブ」

まずは、鋏の種類、形状、役割

櫛の持ち方、姿勢、目線、スライスの意味。

スタイルや、切り口、ハサミの入射角度などは、まだ先の事。

今はを覚えさせます。

吾輩の言いたい事が伝わり、目線によってスタイルが変わる事は把握していた。

「ヒラ氏」が初めてのトレーニングを写メしていた。

時間は無駄にしたくないので、記念の日をインスタにアップしてくれていた。

彼女は家が遠い。

皆よりも早く帰っても、同じ位の時間に家に着きます。

朝もそうです。

だから、入社時期から毎日朝練です。

一番下だから朝掃除は我々がしてあげていた。

でも、後輩が入れば、そうはいきません。

皆に平等じゃないとね。

人が増えれば掃除の時間は早く終わります。

たった10分だけどされど10分

掃除が終われば朝トレです。

吾輩のユッタリとした時間は削除されてしまうが、愛弟子の為なら何とも思いません。

マッタリしたければ早起きして家で過ごせばいいだけ。

全ては慣れです。

ルーティンを少しだけ変えればいいだけです。

やはり、飲みこみが早い。

ワンレン、ショートレイヤー、刈上げは、この業界では難しいスタイルです。

何となくですが、ス~ッと合格してしまいそうな気配が感じます。

吾輩の言っている事をスポンジの様に真似れば合格の道はそんなに遠くない。

あとは、自分で感じて聞く見てもらうが近道です。

教えて、教わってと大変でしょうが、何よりも自分が楽しまないと進歩はしません。

全ては脳に、自分で発信しないとね。

常に危機感を持って成長をしてほしい。

さて、明日はお休みです。

ONOFFの切り替えは大事です。

明日は、娘の誕生会です。

吾輩は家でもサロンでも全力疾走です。

そして。

週明けの水曜日。

何かが変わるとさ。

 

 

 

おしまい

2020/8/6 成果 ~想いは実現するノ巻~

トレーニング 渡邊 マサノリ ブログ

少し前に、朝練の記事を書いてましたが覚えてますか?

どうやらインスタライブ千葉氏のブローの試験が流されていましたね。

自分なりに意識をしながら毎朝、トレーニングをしていた千葉氏。

動画や静止画を見せて、違いを教えたり、朝練でも少しだけアドバイスを送ってあげた。

2日後「ワタナベさん、日曜日にチェックお願いします」

ん?いいけど大丈夫か?

少し早くね?

吾輩は、そう思った。

意地悪いが、少しだけ落とすかなって思っていた。

だって、ちょっとアドバイスしてすぐに修正はできないでしょ。

この部分に髪を掛けるんだぞ。

ドライヤーの位置はこんな感じだぞ。

身体の位置はここだぞ。

目線とスライス。

君は、何でも出来るんかい!!!!

出来ているのに悔しくて落とすのか?

違いますよね。

吾輩も成りあがり派ですので、出来る人はドンドン上に行きます。

この世界は、プロセスも大事ですが全ては結果次第。

何だかんだ言っても数字がものを言います。

ならね。

このウィッグは左右対称に吾輩が自信を持って切ってます。

正面から見れば分かると思いますが長さが違いますよね。

これがブロー(デンマンブロー)の能力です。

千葉氏はデンマンブローの能力を身に付けた。

レベルが11から25に上がった(笑)

ソツなくこなす姿を見るのは久しぶりです。

出来る子。

でも、天狗はダメですね。

全ての人が納得するとは限りません。

勿論、先輩方や吾輩にも言える事です。

相手を許し、相手に対して影響を受ける。

尊敬とはまた違います。

あくまでも相手は話せない人形です。

人形には感情はありません。

熱いとか痛いとか。

100回、1000回やっても答えは見つかりません・・・。

何が良くて何が悪いのか。

1人では、それが分からないで日々を過ごしがち。

少ないスタッフですが、言い合えたり、分かち合えたりもできます。

そこで会話があり、尊敬が出てくる。

リスペクトってやつかな。

ゲストもスタッフも感情がある。

そこね。

大事ね。

完璧な人間なんて居ません。

全てに前向きになり、人が人を支える。

技術に対する意識や伝える事で人は意識をします。

今のエビ氏がそうかな。

stadium、技術力精神力が上がってますよ!!

千葉氏合格、オメデトウとさ。

 

 

 

おしまい

2020/7/17 完結 ~積み重ねノ巻~

トレーニング 渡邊 マサノリ ブログ

娘の中間テストが先日行われたようです。

初めての中間テスト。

どの様にテストへ挑むか、まだ手探り状態。

誰だって初めは、詰め詰めは仕方ありません。

何度か経験をし、もっと効率の良い勉強法を自分で探し当てるだろう。

我輩の中学時代の勉強なんて、忘れてしまってます・・・。

記憶って、あっという間に薄れてしまう。

仕方ないね。

過去を生きるよりも、今を生きたいからね。

何でも悔やんでも過去だから、今後、自分がどう生きて行くかが大事だと思う。

家に帰ると、ドッサリあった。

ホント凄いよ!!

親バカって言われてもいい。

中間テストって言っても、まだ1ヶ月しか経ってません。

毎日23:00まで勉強して、0:00に寝て、4:30に起きて勉強して、車の中でオニギリ食べて登校。

ダメかもしれないって、泣いて車で送ってもらう。

結果は、全てクリアーしたようです。

やるだけ全て還元されるんです。

たった1ヶ月ですが濃密な時間を過ごしている。

1年後が相当に楽しみです。

 

そして、こちらもね。

彼女も1年前の今頃は、ヘアカラーがようやく塗れてきた頃かな?

stadiumでは10項目のパーマの試験があります。

千葉氏はパーマの達人です。

誰よりも綺麗に巻きます。

多分、今のstadiumでは一番綺麗に巻くであろう。

素質努力

むしろ素質の方が多いかなと。

最後の試験です。

もう、この作業はしません。

最初に受けたテストの細かいバージョンとでも言いますか。

理容師の国家試験の題材。

stadiumでは美容師と理容師の国家資格の題材のテストも含まれています。

stadiumのテストは自己申告制です。

自分で合格する自信があれば1週間後でも受けさせます。

でも、ダメならペナルティーを与えます。

彼女は自信の塊なのかな。

全て一発合格でした・・・

レベルの高いアシスタントです。

我輩には言ってないが多分、自分の誕生日前。

21歳でパーマを全て終了したいって思っていたのだろう。

そして、今日は千葉氏の22歳の誕生日。

前夜にヒラエビが装飾していた。

後ろの文字見てみ!

「Fuzukuki」

疲れている証拠ですね・・・。

朝から、千葉氏は相当に嬉しかったようです。

ここまで嬉しさアピールされると、やる側も嬉しい。

我輩も、ズッと温めていた動画を編集して文言入て、ヒラ氏に音楽入れてもらった。

何ヶ月も前から、何となく撮影していた訳ではありません。

この日の為に。

我輩なりの、言葉以上の誕生日プレゼントを送った。

こんな事までしてくれるオーナー居るのかな~!!!

自画自賛。

「え?こんなの撮ってたんですか?」

「早速、神奈川にいる祖父母に送っちゃいました」

嬉しいよね。

全ての人が笑顔になるのが一番いい。

「帰ったら、お母さんにも見せますね」

少し前は静止画と言葉の時代。

今では動画の時代。

少々、早めから動画には取り組んでいた。

ネット社会になる前に、前オーナーの篠田さんに「ワタナベ君、ブログとか始めようと思うんだよね」

篠田さんは、ほんと早かった。

我輩はオークションしか興味が無く、同じ土俵に居なかった。

今更ですが、申し訳ないと思ってます・・・。

今のstadiumのスタッフは同じ土俵に居てくれている。

感謝しかない。

記憶は無くなるが記録は残る。

自分だけではなく、親や友達にも見せられる。

同じく美容師を志している人にも伝わる。

1年と4ヶ月の美容師。

相当成長した。

子供への目線なのかな。

彼女の笑顔と笑った時の声が大好き。

この記事を見た方、stadiumのインスタstadiumのYouTubeを見て下さい。

素人丸出しの、オッサンが頑張って作った動画は愛情に溢れている。

イイ感じに仕上がってます。

「千葉氏、良い夢見ろよ」とさ。

 

 

 

おしまい

TOP > HAIR STYLE