2017/7/22 成分解析コーナー⑳ ~モロッカンオイル編の巻~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

今回はモロッカンオイル Rヘアマスクの紹介です。

一時のオーガニックブームの走りですね。

勿論、他社さんでも未だに勢いはあります。

どのブランドも独特な外国の何とも言えない香りが特徴です。

外国のエコサート等のオーガニック機関に認定されている商品なので、世界的にオーガニックとうたえる商品です。

国内の基準は曖昧なので、何とも言えないのが現状です。

いわゆる言ったもん勝ちと言えばいいでしょうか?

デザイン?色合いが可愛いですね。

DSC_0183

では成分解析です。

・セテアリルアルコール(高級アルコール)

高い保湿効果で水分量をキープしてる。また、ベビーローションにも配されている。

・カノラ油

アブラナ科植物の種子より作られたオイル。

肌の柔軟効果があり、乾燥から肌を守る製品への配合に適している。

・香料

香の事です。

・ペヘントリモニウムメサルフェート(第4カオチン界面活性剤)

リンス剤です。

帯電防止、コンディショニング剤

・シア脂(油剤)

シア脂(シアバター)は高い保湿効果がある。

水分キープ力も強く、抗炎症作用にも効果があり、安全成分なので赤ちゃんにも使用可能。

ただし、保存料の添加物が肌に悪さをする事もある。

・セタノール

マッコウ鯨油、ヤシ油、牛脂などから作られます。

乳化安定や粘土調整に使われ、ツヤ、滑りを向上させる。

リンスやコンディショナーに使われる代表的な油剤。

・アルガニアスピノサ核油

モロッコの一部に地域に生息しているアルガンの種子(広葉樹)から摘出されるオイル。

保湿、柔軟効果、エモリエント効果。

原料費が高い。

 

以上が主成分になります。

皆さんも聞いた事のあるブランドですね。

モロッコだけにモロッカン

でも、主の6番目って・・・。

香料よりもズット下ってのが残念でならない。

また、リンス剤の方が上ってのも・・・。

治すってよりも、匂いが主になっている気がする・・・。

高い、ブランド力にだまされてますね。

初めて辛口を書いてしまいました。

 

 

 

おしまい

TOP > BLOG