2019/12/12 夜会 ~今宵のゲストの巻~

渡邊 マサノリ ブログ

月曜の夜にstadiumの忘年会を行いました。

色々と吟味してくれた平氏

でも、スタッフは皆若い。

なら、焼肉でしょうね。

お客様からオススメされた焼肉屋へ行ってまいりました~!

塩釜にある老舗のようです。

スタッフの事を考えると駅前になります。

見て下さい。この霜降りと厚み。

これをコスパと言います。

これぞ忘年会。

見て下さいこのワサビを。

誰?長次郎って(笑)

stadiumの始まりはローペース。

でも肉が焼けるのはハイペース。

しかし、頼んだハラミは最後まで来なかった・・・。

気配りってのが足りないかな~。

忙しいと、当たり前にやって来た事が忘れがち。

入社した頃の事を忘れがちになり易い。

小さな事で客離れはしてしまいます。

外へ出る事で自店を見返すのは大事。

少し酔いが回って来るとこんな仕業をする吾輩。

平氏は少女Aですね。

ずっとこんな感じで話していました。

食事中は彼女とは一度も目を合わせてません(笑)

足りないかな?って思いましたが、これだけのサシが入っていれば胃もたれですね・・・。

この日は千葉氏もお酒を飲んでくれました。

気を使ってくれているのかなと。

あれ?あれれ?

今宵のゲストはエビ氏じゃないですか~(笑)

やはり男の会話も悪くない。

隣に彼が居るだけで何となくですがホッコリします。

1年間、stadiumを支えてくれた仲間なんだから無理にでも呼びました。

初めはウーロン茶なんて言っていたので「バカ野郎」です。

やはり酒が強かった。

吾輩と同等よりもエビ氏の方が飲むと思う。

2019年の2月に出会い。

stadiumを愛してくれている人。

2019年の4月に出会い。

stadiumを愛してくれる人。

色々な想いを胸に抱きながら成長するstadium。

素敵な仲間です。

小さなサロンですが、1人1人が目標を持って楽しんでくれている。

色々あった2019年です。

来年はマイ氏も交えて、小旅行です。(2月の月曜日は早く終わります)

何が起こるか分からないのが人生です。

だからこそ、小さな力を秘めた原石達を輝くダイヤモンドにしなくてはね。

そして、最後は今年の〆。

オールブラックス。

目がヤバいとさ。

 

 

 

おしまい

2019/12/11 晴波 ~上手くなりませんの巻~

プライベート 渡邊 マサノリ

昨日は定休日。

久しぶりに前夜は夜会で遅くの帰宅。

少し頭が痛く、起きる時間が遅かった。

でも、向かう先は海です。

波のデータを前日から見ていても良い感じでしたのでワクワクでした。

でも、軽い二日酔い気味・・・。

蛯名の野郎~(笑)

眠いが勝っていたが、布団でデータを見ると。

 

腰~腹なんてジャストじゃないかい!!

行きたい気持ちと、寝ていた気持ち。

ここ最近はサーフィンが出来ていなかった。

眠りを優先していたせいか、いつもよりも3時間ほど遅い入水です。

この日は天気も良くて、波も良い感じでした。

だからこそ行列です・・・。

お昼前でもこの車の数・・・。

場所ないやん。

思っていた以上に、ココは波の力がある事に改めて思い知った・・・。

やはりビビリと技量不足。

心の底から七ヶ浜の方が吾輩のレベルに合っている。

何度も心が折れそうになる。

小さな波にしか乗れない吾輩・・・。

2時間は頑張ったが、身体が付いて行かなかった。

悔しさと情けなさ

何にコレをブツケタラいいのだろうか。

これじゃ。

ここはfatherの知り合いから聞いていた中華料理。

うまか~。

やっぱり、あんかけ焼きそばは吾輩の永遠の友達です。

これを食して過去を忘れる吾輩。

時間も微妙でしたので、最後はココのサウナで寝てしまった(笑)

休日を満喫しているのか、逆にストレスを溜めているのかは分かりません(笑)

この後は、吾輩はスーパーに寄って、海老フライイカフライを作るのでしたとさ。

 

 

 

おしまい

2019/12/9 生命 ~星となるの巻~

渡邊 マサノリ ブログ

昨夜、三春へ帰省した。

冷たい空気でした。

 

人には寿命が必ずあります。

どう生きたのか。

時間は過ぎゆく。

地球が存続する為には、子孫の反映が必要です。

人は何故に生きているのか?

子孫を反映する為だと思う。

人が子を産み、親となり、子を社会に出れるように学ばせ、成長をさせる。

親は子供を社会に出す準備を手助けするだけの為に生きている。

子は社会に出て、経験をし、お金を稼げるようになる。

お金を稼げれば、物々交換が行われて社会が成り立つ。

素敵な人と出会い、子孫を反映をし、教えを子供に伝授させる事で地球は成りたっている。

人が減り、居なくなれば地球は滅亡するし、少なければ困惑するだろう。

全ての人生で学び、社会で生きて行く過程の中で、沢山の人に出会い、一喜一憂する。

命はそれぞれ。

多分、単純に考えれば親が先に旅立つだろう。

次に愛犬が旅立つだろう。

死んでしまったら、もう何も伝えられません。

だからこそ生きているうちにです。

母親が毎日、同じ事を繰り返し子供に伝える。

子供は、分かってはいるが意識をしません。

では明日、母親がこの世から居なくなったらどうするのかな?

母親の言っていた事をなんで居る前で出来なかったのかな。

後悔するでしょう。

奥さんが今、居なくなったらどうするのかな?

いつもよりも早く起きて何かと準備をしないといけません。

目の前に当たり前に起こっている事に慣れずに感謝し、伝えてあげないと響きません。

 

1つの星が流れて逝った。

悲しいね。

もっと話したいね。

成人になった姿を見てもらいたかったね。

社会人になって、初給料で何か買ってあげたかったね。

素敵なフィアンセを見せてあげたかったね。

素敵な子供を見せてあげたかったね。

でも、想いは届きません。

寿命運命は人には分かりません。

少なからず、今できる事をしてあげましょう。

星は落ちるが、きっとどこかで見続けているだろう。

皆さん。

日々を大切に生きて行きましょう。

 

 

 

 

おしまい

2019/12/8 変身 ~期待に応えるの巻~

渡邊 マサノリ ブログ

ヘアー・ドネーション。

自分の髪の毛を31センチ以上切り、その髪の毛を寄付をする社会貢献。

先日、平氏が担当をしている常連さんが髪をバッサリと切りました。

ずっとヘアー・ドネーションをする為に伸ばしていた髪。

切る側は緊張もしますが、想像力を存分に発揮できる。

期待以上のものを伝えられる職業です。

吾輩のゲストも、出産を機に伸ばし続けていました。

ボブの時期が長かった。

夏以来のご来店です。

お越し下さった時はすでにロングヘアーになっていた。

残念ならが、ヘアー・ドネーションは出来ませんでしたが、自分の髪を自分で切らせてあげた。

オーダーはショートスタイル。

何年も前髪が長い前下がりのスタイルしかしていない。

確実に吾輩が担当してからは前髪のあるスタイルはしていないので10年近くやっていません。

いわゆるクール系。

そこからボーイッシュにスタイルチェンジです。

くせ毛だがパーマ&カラーのオーダーです。

う~ん。

でも、スタイルが決まっていればハサミを動かすのみです。

迷いなんて持って切ってたら、時間ばかり過ぎるし、自分は何を切りたいのか分からなくなります。

なっちゃったカットでは意味がありません。

プランプロセスを頭にいれ込めば早いと思う。

所要時間は2時間半。

バッサリでも、いつも通りでも同じだけの時間を掛けるのが吾輩の真骨頂。

仕上がりは満足です。

素敵な手土産を頂いた。

オキターヤ。ありがとうございます。

クリスマス時期だけに、有難いです。

流石に、吾輩が真剣な眼差しで迷いなくバンバンと鋏を入れている姿を見て言葉が出なかったようです。

カットもカラーもパーマも全てですが、何かしら理想や期待を持って来てくれている。

同じは無理ですが、近付けてあげる事は可能です。

あとは再現性ですね。

細かいカウンセリングと施術内容とフィニッシュが完璧ならゲストは帰っても出来るはず。

世の中はデジタル社会ですが、我々美容師は全てが手作業です。

1つ1つを丁寧に仕上げる事で、デジタルでは出来ない事があります。

でも、このご時世ですから、吾輩はアナログだ~とは言って居られません・・・。

昨日、人生で初めての動画編集をして、stadiumのスタッフに送ってみた。

こんなのしたかったなって、ずっと思っていた事が現実となった。

最近の美容師さん達は凄いと思うとさ。

stadiumのインスタ見てね。

 

 

 

おしまい

2019/12/7 参観 ~最後かなの巻~

渡邊 マサノリ ブログ

今年度最後となる娘の授業参観に行って来た。

1年生の頃を今でも鮮明に思い出します。

一緒に手をつないで通った記憶。

よそ見してたら事故に合うぞっていいながら車にぶつかりそうになった事もあった。

2年生まで、毎朝「遅刻する~」って家でおお声で泣いていた記憶が蘇る。

ほんの少し前の出来ごとの様です。

過去は振り返っても仕方ないので、未来をみる吾輩ですが、愛娘の事となれば過去は過去だが忘れたくない。

早いもので6年生も終わりを迎えている。

ここで出会い、学んだ事は生涯忘れる事はないだろう。

吾輩だって、いつ死ぬかなんて分かりません。

勿論、子供の命だっていつ無くなるのかなんて分かりません。

だから1日1日を大事に過ごしたいし、過ごしてもらいたい。

この日は英語でした。

教室が分からずにウロウロしていたらマイ氏の子供に会った(笑)

今どきの小学生はレベルが高い様に感じた。

娘と大好きな友人の作品が並んでいた。

右が愛娘左が親友。(夏に新潟県まで連れて行った子)

この関係も出会いが無ければ出来なかった事だし、将来も変わっていただろう。

出会いに感謝です。

2人とも優しい絵を描いてますね。

どこでけんか別れをするか分かりませんが大事にして欲しいですね。

そして、長い付き合いを築いてほしい。

子供達が遊んでいる校庭。

ここともお別れです。

少し寂しいですが、成長しないとね。

今までありがとございました。

次は卒業式に行きますね。

卒業式は吾輩の誕生日らしいとさ。

 

 

 

おしまい

TOP > BLOG