2021/4/12 偉業 ~新たな記憶ノ巻~

渡邊 マサノリ ブログ

歴史的瞬間を見る事ができた。

前夜、起きるのに自信がないので録画予約をしていた。

目覚めるが仕事の事を考えて寝る。

一応スマホで順位を確認する。

目覚めるが仕事の事を優先して寝る。

一応スマホで順位を確認する。

妻も娘も起きてきた。

いてもたっても居れなく吾輩も起きてテレビを付けようとしたら録画がされていない・・・。

起きてきて良かった(笑)

歴史的瞬間を見れて良かった。

号外が出るくらい凄い事を成し遂げました。

妻は、「そんなに凄いの? なんかアナウンサー泣いてない?」

・・・。

日本人が、この大会に招待されてから85年。

初めて世界の頂点に立った。

アナウンサーも松山がアマチュア時代の10年前から追って来ていた人だからこそ泣いた。

中嶋常幸と宮里が鼻をすする音が聞こえた。

厳しい状況になっても攻めのゴルフをしていた。

自分をキャディーを信じて

卓越した技術と自分の心との勝負。

どうやら彼は一番最後まで残って練習をしていたようです。

不安があるからなのかな?

自信がないからなのかな?

本番は一発勝負です。

色々な事を抱えて、考えていて、それでも何かしたい。

自分には、相棒と呼ぶ、商売道具と呼ぶ道具しか信じられません。

触ってないと不安になるんでしょうね。

我々と同じ道具を使う職業。

キクリンが毎回ゲストに入る前にバックルームでウィッグにハサミを入れているのも同じ感覚だと思っている。

イメージって大事な事。

私は出来るから大丈夫じゃ成長はしません。

自信も必要ですが振り返る事も必要ですね

吾輩もゲストに入る前にソッとハサミを拭いて想いを込めて施術に入ります。

松山プロと同じにしてしまったら失礼かもしれませんが、同じプロ同志なんで。

世界で戦う人も仙台で戦う人も同じです。

一発勝負に情熱を込めてハサミを入れている。

素敵な時間を過ごせた日。

日はまた昇る。

全ては過去の事。

明日を大事に過ごそう。

高嶺を見て過ごそう。

素敵な時間を、共有出来る事に感謝しかありません。

明日は定休日です。

家族の、自分の時間。

無駄にしない休日を過ごしたいとさ。

 

 

 

おしまい

2021/4/11 希少 ~気のきいた物ノ巻~

渡邊 マサノリ ブログ

昨日は我がfatherの76歳の誕生日でした。

何も祝いの言葉は伝えてませんが妻は覚えていた・・・。

吾輩なんて妻の両親の誕生日なんて覚えてないんですが、凄いね女性って。

火曜日は波がジャンクで雨模様らしい・・・。

何も出来ないジャン。

そんなに疲れてないので寝るのもね。

妻とお出かけもしたい気もしますが、こんな時期なので・・・。

あ~、旅行イキタイ。

サーフィンが出来ないのに七ヶ浜に行くのもどうかなとも思うが気のきいた物でも買って行こうかなと思います。

味覚があるので感染はしていないけど、持病があるし、ちょっと身体に不具合が出ているfatherに会うのも気が引ける。

でも、気のきいた物を渡したい気持ちが勝ってしまう。

皆さんは、この時期に1人で過ごして身体に不調を訴えている吾老体の家には行くのだろうか?

悩みますよね・・・。

親の為って思ったら行かないのがベターなんでしょうけどね。

血縁って何となく緩くなってしまいがちです。

我がfatherは他人に優しく血縁には厳しい。

吾輩は他人に優しく血縁にも優しい。

反面教師とでも言いますか。

今まで在籍していたアシスタントで男性は居ませんでした。

まぁヒラ氏には男性みたいな付き合いをしていましたが塩対応の返しが待ってましたからね(笑)

何か買い出しをアヤト氏に頼む時は気のきいた〇〇を買ってきてと必ず言います。

例えば、気のきいた修正ペンを買ってこいとかね。

いつもと同じでは吾輩は納得しません。

するとアヤト氏は100均をハシゴして気のきいた修正ペンを買って来る。

これならワタナベさんは納得してくれるはずと。

すると「どうですかコレは?」

気がきいている(笑)

先日の朝の出来事です。

「ワタナベさん、これどうぞ」

気がきいている。

「何だこれ?レモンサワー当たったのか?」

俺、お前に何か良い事したっけ?

「違うんですよ、これ、完売になっているビールなんですよ!」

しかし、何故に朝からビールなんだろうか?

「朝からファミマでビールを買う若者って、どう思われたかは知らないッスけど美味しいらしいんで」

これを気のきいた事と言います。

三度の飯よりもビールが好きな事を知っている。

有難いよね。

こんな事をされたら他人に更に優しくなる吾輩でしたとさ。

 

 

 

 

おしまい

 

2021/4/10 親心 ~誰しも歩むノ巻~

渡邊 マサノリ ブログ

stadiumは老若男女、世代を超えたお付き合いが強みです。

また、親からのご紹介の方が多いのも強みです。

「1000円カットもいいけどstadiumに一度行ってみたら?」

みんな感動をして帰って頂いてます。

親が子を想う気持ちとでも言ったもんでしょうか。

親になったら分かる事もあるでしょう。

でも、親にならなくても分かる事、想像出来る事って沢山あります。

子供も親の言う事に耳を傾けないで、うるせーな~って反抗する人も居るでしょう。

実はstadiumにお越し下さる学生さん達はトンガっている人が居ません。

親が紹介してるんだから間違いない。

素直な人ばかりが来てくれてます。

「清野君」

予備校時代からの付き合いになるので7年ですね。

毎回、吾輩に質問をしてくれます。

最後だって言いながら、引っ越す前にも来てくれた。

すると母親がお越し下さいました。

「息子が長い間お世話になりました」

朝一のご予約にも関わらず寄り道をしてね。

こんな親の姿を見て子供は成長をすると思っている。

そしてマネをするのだろう。

この子もそうかなと。

甥っ子が来た。

世話好きのお母さん。

世話好きのお父さん。

どちらも違う視点で息子を応援している。

相当に仲が良い。

いつの日か分かるだろう。

いや、すでに分かっている。

気のきいたのを持ってきた。

今思えば吾輩の両親も、吾輩が学生時代には沢山の時間とお金を掛けてくれた。

多分、同級生のココロの中には、マサノリのかーちゃんマサノリのとーちゃんって記憶は確実に残っているだろう。

息子の為なら何でもしてきた両親。

やはり越えられんません。

親であっても、そうじゃなくても、こうしたら、こう話したら喜んでくれるよなが大事ですね。

人は、偉大なる人の背中を見て育つ。

吾輩、何を残せているのだろうか?

猫背?

いや、それはエビ氏(笑)

小さな一言や、見てあげている姿がエールになっていると思う。

先輩の姿勢や、一言って親心と言っても良いかなと思う今日この頃でしたとさ。

 

 

 

おしまい

 

2021/4/9 期待 ~人を好きになる巻~

渡邊 マサノリ ブログ

先日、NHKのプロフェッショナルを我が子と見ていた。

どちらかと言えば吾輩が見ているテレビを勉強しながらダイニングテーブルで聞いていたが適切だろうか。

偉大な喜劇王の「志村けん」

この世を去る前のインタビューで答えた言葉は何が大事なのか?

自分は不器用だし、臆病だから、納得がいくまで練習をするんですよ。

1人では出来ませんし、沢山の人のサポートがなければ撮影や舞台は出来ません。

大好きな人が側に居るから出来るのかな?

ワクワクを楽しみにしているゲストが居るから出来るのかな?

最後の言葉は「人を好きになる」

これはスタッフにも伝えないとな。

忘れてしまうので自分にメールを送る。

終礼で伝えました。

stadiumも同じ事です

大好きな人が側に居るから出来るのかな?

ワクワクを楽しみにしているゲストが居るから出来るのかな?

人を好きになるって、人に自分から寄り添わなくては好きにはなれません。

僕たちの仕事は人を観察する事と技量を上げる事。

1人では観察はできるけど、1人では技量を上げる事は出来ません。

アヤト氏は、ウィッグを使うヘアカラーに入ってからは毎日トレーニングをしている。

人を相手にするって、モデルを毎日何日か前に伝えない出来ません。

実は吾輩も気を使って言えない方でした。

だから何となく分かる気がする。

美容師って実は臆病で気を使う、人見知りの集団なんです。

今は自分との戦いです。

現在、アヤト氏のトレーナーはエビ氏が見てくれています。

いつも細かく伝えている。

これは期待しているからこそです。

先日、アシッドカラーのテストが行われました。

悪くはなかった。

でも凄く良くはなかった。

結果は不合格。

翌日、stadiumに来たら朝練をしていた。

悔しかったんだろうね。

吾輩、涙が出るくらい感動をした。

皆にも伝えた。

吾輩の彼に対する期待数値は数倍にも跳ね上がった。

結果、合格をした。

こんな姿をトレーナーが見たら絶対に人を好きになるだろう。

また、お世話になっている先輩の為にも早く合格したいって思うだろう。

何年後かにアヤト氏はエビ氏の事を思い出すだろう。

ヒラ氏がアシスタントの時に思っていた事と同じ道を歩むだろう。

何事も人を好きにならなきゃダメよね。

stadiumを知らないでお越し下さるゲストにも、はじめから好きって思って接すれば、何年後には大好きに変わります。

嫌いになる事や自分と合わないって思う事は簡単です。

それって全て後ろ向きな発想で吾輩は嫌う。

自分が思っている事、して欲しい事を確実にやってくれる人だから好きになるのではないと思う。

導き方や伝え方だけで人は数倍にやる気が起こると思う。

1人では生きて行けないのが世の中。

期待を込めつつ、人を好きになる事を明日も一生懸命に過ごしたいとさ。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

2021/4/8 補修 ~長い付き合いノ巻~

渡邊 マサノリ ブログ

吾輩は物持ちがいい。

愛する物愛する者はずっと大事にしたい。

大事にしていた我輩の靴の底が剥がれている・・・。

既に2代目の靴。

初代はどこで購入したかは覚えていませんが、この2代目は妻と新婚旅行でLAで購入した大切な物。

お金を出せば仙台でも、ネットでも買えるんですが、コレは大事に履いていたい。

まぁ、大事な物なら靴用で着けろって話しなんですが・・・(笑)

自転車のハンドルの革が剥がれていたので補修ついでに靴もね。

温かい陽だまりの中でマッタリ靴の補修って、何気に好きな時間かな。

我が家でも補修と言うか、綺麗にしてあげなきゃいけない所が沢山あるのですが吾輩には時間が無いッス。

波が大きい時かが小さ過ぎて晴れていて、何もやる気が起きない時にでも補修をしようと思うが、中々ね・・・。

我が家の入り口(玄関)は無垢材です。

雨風にやられて、相当に汚れている。

まぁ、その汚れを自分で削ってワックスを塗って共に歩むってのが理想で無垢材を選んだんですがね・・・。

キッカケが無ければサンダー(電動のヤスリ)は買わないでしょう。

エビ氏が近日中に引っ越しをするようです。

しかも我が家から1分半の場所(笑)

どうやらエビ氏は西海岸にしたいらしく、今あるテーブルや諸々もリメイクをしようか検討しているらしい。

で、あれば吾輩の出番ですよね。

単純に人の笑顔が見たいだけです。

補修ではありませんが、一緒に温かい昼下がりに電動紙ヤスリで削って笑って一緒に過ごせるのって幸せかなと。

お金を掛ければ素敵な時を過ごせるのとは違います。

同じ時を同じ時代を共に過ごして、人生の中で素敵な思い出を作れることが、長い付き合いになると思う。

作業が終わって、公園でビール飲んでるオジサンが2人居るのって素敵な光景じゃないかな?

まぁ、使うかは分かりませんが、人の分岐点を一緒に過ごせる環境であってほしい。

温かい人に出会えた事に感謝です。

また、人のココロも色々と動きます。

ハサミを交えて、美容の話をして、補修して、長い付き合いを作りたいですとさ。

 

 

 

おしまい

TOP > BLOG