2024/2/22 紙髪 〜直毛と癖毛の関係ノ巻

渡邊 マサノリ ブログ

本日は癖毛直毛について話してみよう。

癖毛は多く膨らみます。

直毛は少し膨らみます。

先日、ゴミ箱を開けたらクチャクチャになったが入っていた。

これ小さく畳んだら場所取らないのにな〜。

でも、こいつは記事にできるな!

我輩は小さな事でもヒントになるんです(笑)

に例えるなんて美容バカでしか閃かない。

 クチャクチャになった紙を癖毛と例えよう。

う〜ん大きいですね。

癖毛は多く膨らむんです。

ですから頭は大きく見えるんです。

真っ直ぐに丁寧に畳んだ紙を直毛と例えよう。

では、コレをキレイに畳んでみよう。

すると小さくなります。

直毛は少し膨らむんです。

ですから頭は小さく見えるんです。

こんなに小さくなって捨てたらゴミ箱もスッキリしますね(笑)

実際の容量って実は同じなんです。

では、紙髪を濡らしたら、どの様に変化するのでしょうかね?

おいおい、手のひらサイズまで小さくなるじゃないですか(爆笑)

あんなに大きかったのが、ここまで小さくなるんです。

も同じって事ですね。

癖毛の方でもビショビショに濡らしたらペタンコになります。

全てではありませんが、状態は変化します。

コレに関しては同じ素材を用いてなので、人の髪では同じにはなりません。

クローン人間なら同じになりますが、人の頭の面積や髪質は様々です。

また生え方も様々なので違うボリュームを感じると思います。

骨格や生え方は変えようが無いのですが、髪質は変えられると言う事になるんです。

なので髪質改善は可能です。

直毛はパーマを掛ければ良い。

癖毛はコスメストレートを掛ければ良い。

ここまで細かくは説明はしませんがカウンセリンで人に分かって頂いて、共有できるんじゃ無いかなと思ってます。

本日の記事は紙と髪癖毛直毛の関係のお話でしたとさ。

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

2024/2/21 改善 〜同じ趣味ノ巻〜

渡邊 マサノリ ブログ

人は必ず過ちを犯します。

許せられる事、許されない事。

人は様々です。

だからこそ記憶を思い返して次のステップへ進みます。

法律を犯したら罰を受けないといけません。

法律を犯さなくても、それなりに罰を受けないといけません。

誰しも過ちは犯します。

だからこそ何かしら自分を変えたり、改善したりして生きている。

昨日、甥っ子を連れて初めてのラウンドをした。

朝から我輩はお迎えです。

素敵な未来が待ってるんだよな〜なんて思いながら甥っ子が歩んだ場所から撮影をしてみた。

何も知らず、何も持たず仙台に来て、高台から眺める景色は我輩と同じだなとシンクロした。

運転中に彼は、人生で一番勉強をしたと言っていた。

どうやら国家試験は通るかもしれません。

勉強だって、出来ないところを改善して復習の繰り返しができたからこそです。

ま、すでに過去の事なので今更、何を考えても戻ってきません。

なので、叔父さんは、ご苦労様の想いを込めてゴルフラウンドを誘いました。

過ちを犯さない様にと、早めに出てドライバーの練習をした。

微妙〜。

改善は難しいですが、行く前のユトリって欲しいでしょ。

さて、コースです。

風が強く吹いていた。

緊張感ゼロは生まれつきです。

ウラヤマシイ。

人も少なく、温かく、花粉もなく、芝も少なく、ゴルフ日和でした。

全てのボールが右へ・・・。

分かる分かる。

練習場とコースの違いや、マナーなどの勉強をしながら、一緒に楽しんだ。

確実に改善点が自分でも分かりかけていた様です。

でも〜、人は同じことを繰り返す(笑)

ここに来てまさか同じ趣味を持つとは思ってもいなかった。

地元を離れ、両親も相当に寂しいはずです。

姉夫婦からも、お礼の連絡が来ました。

今度は老後でしょうね。

どう過ごすかなんて簡単な事です。

二人してゴルフを始めるです!!

共通の趣味を持てば息子は帰省したら一緒にラウンドができます。

また、仙台まで来て一緒にラウンドだって出来ます。

我輩も妻と同じ趣味を持とうと何度かチャレンジしましたが・・・。

結果は我輩は94甥っ子は156でした。

ここのコースは狭くて短いので簡単に出せるだけです(笑)

初めてのラウンドでパーを取れるなんてセンスを感じます。

最後の我輩は足が動かなくなりました・・・。

年の離れた兄弟。

楽しいことばかりが社会ではありませんが、我輩が甥っ子にしてあげれる事は楽しい事だけを伝えようと思う。

同じ趣味を持てた事に感謝しないとです。

またゴルフを始めるキッカケを作って下さった妻のお父さんにも感謝です。

3月に入ったら練習に連れて行って欲しいって。

じーさんに「無事に卒業できます」って報告を一緒に行ったら練習するよって約束をした。

全ては皆んなの笑顔が見たいだけ。

それにしても暖かく心地よい風でした。

今日?

ユキガスゴク、トテモサムイ。

やはりベナタワ家は何か持っていると思いましたとさ。

 

 

 

 

 

おしまい

 

2024/2/19 責任 〜従事している人ノ巻〜

渡邊 マサノリ ブログ

学生生活を終えて就職をする人が4月から沢山います。

社会へ出るために勉強をし、色々な企業を自分で選び企業に選ばれる

もう学生生活には戻れません。

甥っ子が昨日、国家試験でした。

我輩のお守り、持って行ったのかな〜。

オジサンは心配でなりませんが何も伝えませんでした。

だってプレッシャーになっては困るし、今更だし、今まで頑張ってきた事を自分なりに表現するだけだからね。

社会に出たら後戻りは出来ません。

従事する人って色々な人の集まりです。

人を尊敬したり、人を敬ったり、人を鼓舞したり、人に注意したり、人を褒めたり。

言い方も、聞き方も、伝え方も、捉え方も様々です。

社会に出たら葛藤との繰り返しかもしれない。

また、伝える側には責任感がなければダメです。

聞く側にも相手の事を尊重をすることで新たな責任感が出てきます。

元気印の「ムーさん」がお越しくださった。

「ごめんなさい、遅くなって。これどうぞ」

どうやら何事かあった様ですね。

自分の言い分、相手の事、上司に対する敬意、企業に対する思い。

責任感が強い人。

だからこそ壁や衝突もあるんでしょうね。

全てに、自分なりに責任感を持って接しているからこそだろうね。

少し元気がなかった。

初めてかもしれない。

少し心配してしまうわ(笑)

この職業は髪を扱う職業です。

でも、それだけでは無いのもこの職業、美容師。

一緒に思いを聞いて、伝えて、一喜一憂できるのが良い!

何が響くかは分かりませんが髪以外の事でも、良いこと、そうじゃ無い事も伝えている。

どちらかといえば我輩は平和主義のポジティブ人間なので前向きの話しかしませんがね。

社会とは難しくもあり、楽しい。

責任感を持ちながら従事すると、その先に遣り甲斐なんて言葉が出てきます。

人の心は見えません。

でも心配りは出来るはずです。

ね、太田選手(笑)

我輩は、どんな上司で、どんな経営者なのだろうか?

自問自答する事もたま〜にあります。

従事してくれている人に我輩は感謝しかない。

人を預かっているからこそ責任があります。

深く考えると重たいんですが、何よりも前向きに捉えないと損。

甥っ子も、ムーさんも、全ての人に。

心配りを持って生きて行きましょうとさ。

 

 

 

 

 

おしまい

2024/2/18 共有 〜援護射撃ノ巻〜

渡邊 マサノリ ブログ

寒々した仙台の朝。

毎回、オープンの10:00にご予約を入れてくださるゲスト「コバヤシさん」

エビ氏がお持ち物をお預かりした時に、もう一つのお持ち物も預かろうとしたら「あ、コレはビールだから」

おしゃれママだし、見えないけど気を遣ってくださる方。

ほんと手ぶらでいいのに・・・。

またカウンセリングで「何かイベントとかあるんですか?」

何気に、このワードは聞くようにしている。

何があろうが、無かろうが関係はないのですが一応ね。

どうやら娘さんのピアノの発表会がある様です。

ママ、パパに見られて緊張するんでしょうね。

どうやら東京からお姉様も姪っ子の発表会を観にくる様です。

懐かしいが、我輩も甥っ子の高校の入学式に参加したり、大事な中学高校での野球の大会を見にいった記憶が残る。

多分、気持ちは同じです。

そりゃ、髪キレイにしますよね。

主役は子供でしょうけど、一緒に主役になればいいんです。

100%綺麗好きの「コバヤシさん」の事は太田選手は知っている。

だからこそ、床を何度も何度も掃きに来てくれていた。

コレを援護射撃と言います。

施術をしなくても一緒ですよって気持ちが大事です。

悔しいが雑誌の1本挟まっていた髪を取らないで出していた(笑)

コレダメネ。

学ばさせて頂いてます。

初歩の初歩ですが慣れてくると見落としがちです。

また愛弟子のヒラ氏のNearにはオープンから毎回、お子さんを連れていってくれている。

コレこそ援護射撃です。

嬉しいね。

離れた土地でも同じ気持ちが美容師同士で共有できている。

むしろ共有させて頂いてるかな。

離れているからこそ緊張感を持って時間を過ごすです

アリガタヤ〜。

施術が終わると「ワタナベさんB型ですか?」

ヨクイワレマス・・・。

100%綺麗好きではありませんが100%自分が大好きです(笑)

そんな姿がB型に見えるんでしょうね。

B型って天才肌だと思うんです。

ある意味、天才肌だと思ってくれているのでしょうね。

コレプラスシコウ。

共有のお手伝い、繋がりをして下さる事に感謝です。

口コミ笑えましたとさ。

 

 

 

 

おしまい

2024/2/17 復活 〜人の笑顔ノ巻〜

渡邊 マサノリ ブログ

人は必ず具合が悪くなったり、病気になったりします。

すると元気がなくなったり、笑顔が消えたりします。

それは仕方ないことです。

すると周りにいる人たちが支え合って、元気を出してあげたりして生きている。

先月に娘さんがご来店になり、お母さんが体の不調を訴えて緊急入院をしました。

我輩はスマホからビデオレターを送ってあげた。

だって、いつも元気な人から笑顔が消えたらね。

どうしたら人に笑顔になってもらえるかな?

こんな事を考えてしまう。

コレは職業病かもね。

どうやら退院をして仕事に復帰をする様なのでstadiumへ勇気を出してお越しくださりました。

復活です

少し不安でしたが時間が解決するようでホッとした。

元気印の「シューコさん」

「なんだか心配かけてゴメンナサイネ〜。少しだけど食べてね〜」

何も持ってこなくていいんですよ。

元気な顔が見れるだけでいいんです。

口元のリップの描き方や眉のバランスなどを細かく伝えました。

世の中なんて左右対称の人はいません。

だからこそ鏡を客観視してあげる事が大事なんです。

すると解決の道は開かれます。

髪も頭皮も全てに愛情を込めて施術をした。

全てに感謝と元気になっての想いです。

「あ〜、コレコレ。来た甲斐があるんですよ〜」

その先には必ず、人の笑顔が待っている。

笑顔を見るために我々美容師は働いている。

何かしら人は時と共に体に異常が出て来ます。

でも、必ず復活します。

誰しも必ず何かしらは起こります。

元気になったらstadiumに来たらいい。

それまで必ず待ってるし、待ち続ける。

大切なゲストがお越しくださるからこそ生きていけている。

素敵なスタッフが居るからこそ生きていけている。

全ての人に感謝でしたとさ。

 

 

 

 

おしまい

 

TOP > BLOG