2017/7/15 成分解析コーナー⑱ ~デミコスメ編の巻~

シャンプー&トリートメント 渡邊 マサノリ

古き良きもの。

今回はデミ コスメテックヘアシーズンズ マスクのご紹介。

これは古くからありますが、根強い人気ですね。

個人的に好きな商品です。

テクスチャーも馴染みが良く、これぞトリートメント!!

そう、ヌル感とでも言いますか。

適度なしっとり感で、ヘアスタイル作りには良いかと思います。

容器にも古さすら感じられる(笑)

デミさんのホームケア商品は、コレがベースになっているに違いないと思う。

何気に引きずる傾向がありますね。

DSC_0098

では、成分解析です。

 

・ジメチコン(油剤)

シリコーンの1つで、保湿性が高く、光・熱・水等の影響を受けにくい。

使用感が良くなり効果が期待できる成分。

ケイ素由来なので、商品によっては無添加製品として販売している商品も含まれている。

・セテアリルアルコール(高級アルコール)

高い保湿効果で水分量をキープしてる。また、ベビーローションにも配されている。

・グリセリン

原料は植物油脂から加水分解して生成しており、食品の保湿剤や日持ち工場として使用される。

また、化粧品の基本成分として使用されている。

様々な保湿成分を持ち、敏感肌やインナードライ肌の方にも使用できる安全な成分。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンよりは保湿力は落ちる。

・シクロペンタシロキサン(油剤)

シリコーンの1つ。

コンディショニング、コーティング、つや出し効果。

シリコンの中ではベタツキがなくサラサラタイプ。

揮発性があるためサラサラと軽い仕上がりになる。

・ベヘントリモニウムクロリド(第4カオチン界面活性剤)

リンス剤と言った物です。

柔軟性、帯電防止。

補修成分ではなく、一時的に質感を向上させるだけのもの。

・アボガド油

強力に髪を軟化させる性質(エモリエント作用)があると考えられる。

さらに、セラミドなどと一緒に配合されていると強力に軟化する。

・アモジメチコン

ジメチコンよりも吸着力が強く、ジメチコンと比較すれば安全性は落ちるが問題はない。

傷んだ部分により吸着しやすく、取れにくい性質を持つ。

ただし、カラーやパーマ等が掛かりにくくなる可能性がある。

・グリセリン

原料は植物油脂から加水分解して生成しており、食品の保湿剤や日持ち工場として使用される。

また、化粧品の基本成分として使用されている。

様々な保湿成分を持ち、敏感肌やインナードライ肌の方にも使用できる安全な成分。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンよりは保湿力は落ちる。

 

以上がおおまかな成分です。

何気に分配がイイですね。

好みって、配合順番にも影響しそうですね。

考えても尽きないのが男心をくすぐります。

また、個人的にはアボガド油よりもマカデミアンナッツオイルの方が高いかと・・・。

 

 

 

おしまい

TOP > BLOG