2019/12/9 生命 ~星となるの巻~

渡邊 マサノリ ブログ

昨夜、三春へ帰省した。

冷たい空気でした。

 

人には寿命が必ずあります。

どう生きたのか。

時間は過ぎゆく。

地球が存続する為には、子孫の反映が必要です。

人は何故に生きているのか?

子孫を反映する為だと思う。

人が子を産み、親となり、子を社会に出れるように学ばせ、成長をさせる。

親は子供を社会に出す準備を手助けするだけの為に生きている。

子は社会に出て、経験をし、お金を稼げるようになる。

お金を稼げれば、物々交換が行われて社会が成り立つ。

素敵な人と出会い、子孫を反映をし、教えを子供に伝授させる事で地球は成りたっている。

人が減り、居なくなれば地球は滅亡するし、少なければ困惑するだろう。

全ての人生で学び、社会で生きて行く過程の中で、沢山の人に出会い、一喜一憂する。

命はそれぞれ。

多分、単純に考えれば親が先に旅立つだろう。

次に愛犬が旅立つだろう。

死んでしまったら、もう何も伝えられません。

だからこそ生きているうちにです。

母親が毎日、同じ事を繰り返し子供に伝える。

子供は、分かってはいるが意識をしません。

では明日、母親がこの世から居なくなったらどうするのかな?

母親の言っていた事をなんで居る前で出来なかったのかな。

後悔するでしょう。

奥さんが今、居なくなったらどうするのかな?

いつもよりも早く起きて何かと準備をしないといけません。

目の前に当たり前に起こっている事に慣れずに感謝し、伝えてあげないと響きません。

 

1つの星が流れて逝った。

悲しいね。

もっと話したいね。

成人になった姿を見てもらいたかったね。

社会人になって、初給料で何か買ってあげたかったね。

素敵なフィアンセを見せてあげたかったね。

素敵な子供を見せてあげたかったね。

でも、想いは届きません。

寿命運命は人には分かりません。

少なからず、今できる事をしてあげましょう。

星は落ちるが、きっとどこかで見続けているだろう。

皆さん。

日々を大切に生きて行きましょう。

 

 

 

 

おしまい

TOP > BLOG