2020/11/2 合格 ~線路は続くよノ巻~

トレーニング 渡邊 マサノリ ブログ

「美容の線路は続くよ、どこまでも。」

自分で下車をしてしまえば終わりです。

1人で頑張ろうと思っても、なかなか難しい。

でも、誰かが頑張っていれば、同じ方向に向き合うはずです。

勿論、課題を出されれば答えを出さないといけませんね。

共に歩んで、共に成長する方を吾輩は選びます。

早く帰ってテレビ見るのもいいんですが、吾輩の人生には必要ありません。

1人で経営していれば、多分帰るんでしょうね。

stadiumは違います。

若人のパワーが凄まじい・・・。

吾輩は「ジバニャン」初めてのカットチェックのジャッジ。

先輩2人は「アヤト氏」ターバンチェンジの再チェックのジャッジ。

緊張感が漂う店内。

ちょっとした事でもstadiumはチェックします。

何パターンものタオルターバンを見ます。

勿論、本番を想定して薬液まで付けます。

手順、付け方、タオルがビショビショにしても垂れてこないかもチェックします。

手際が良くなった。

合格です!!

では、秘蔵っ子の「ジバニャン」のボブですね。

次から「アヤト氏」のシャンプートレーニングがあるので、確実に仕留めないとダメって事は分かっている優れた人。

事細かく吾輩のアドバイスを完璧にコピーしている。

櫛を使用して内側の髪を切ります。

ここでも目線や櫛の持ち方を伝えた。

フリーハンドでのカット技術。

ブレない様に鋏の支点に指を置き、真っすぐに切る技術。

この姿勢がカッコいい。

この技術を総称するとブラントカットと言います。

今度はギザギザに切る技術。

stadiumではチョップカットを推奨しています。

5センチ切っても、確実に、綺麗に、ギザギザ加減を出させます。

この技術を嫌がる人も沢山います。

ブラントカットで育った人は、この技術が大幅に切る時に出来ない人が多いんです。

切る前に、準備を忘れない。

左右対称に止められているか。

指を当て、感じ、目視する。

実は、一番大事な作業になります。

自信が無い人は後ろで長さ確認をしがち。

「ジバニャン」には「大丈夫だよ、しっかりと切れているから自信を持て」と伝えている。

この様に分かる様にチェックする事で、ゲストも安心をします。

櫛でとかす時も添え手をしてあげると丁寧ですね。

しっかりと吾輩の忠告を全て行ってのチェックです。

1つでも忘れていたら落とします。

彼女は、それをしません。

工程を見ていれば合否は分かります。

15分でギザギザに切って、この仕上がりは完璧です。

この先に待っているのが、更にギザギザにする毛量調整質感調整

この技術は数ヶ月後のお楽しみです。

stadiumのベースカットは2周させます。

だから上手になります。

だから自信が付きます。

その先に「売れる美容師」が待っている。

「美容の線路は続くよ何処までも」

明日は久しぶりの祝日の火曜日。

楽しみたいとさ。

 

 

 

おしまい

TOP > BLOG